ノリノリDRUM&BASS~BREAKBEAT HARDCOREまとめ DJ ASSHI

ハードコアテクノのサブジャンルであるBreakbeat Hardcoreと、それから発展したドラムンベースのノリノリDJ、ASSHIが気ままに情報更新中

ドラムンベースってどんな音楽? 分かりにくい? それってほかのジャンルも同じだよね?

どこかでこの「ドラムンベース」というジャンル名を目にして、どんな音楽がドラムンベースなのかよく分からない……なんて人、多そうです。

でも、まあこれ、ドラムンベースに限ったことではなくて、ほかのジャンルでも同じで、そのジャンルがどんな音楽なのかの説明って難しいですよね。
ウィキペディアを見ても、youtubeで曲を聞いても、すぐには理解できないかも知れません。

ジャンルというのはあいまいなもので、分類の基準もそれぞれ違うし、人によっての認識も違います。
 参照: ジャンル
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%AB

日常生活では多くの人がそのジャンルだと言っているものがそのジャンルといえるでしょう。

なので、そのジャンルを理解するには、
●そのジャンルの一般認識を調べる
●そのジャンルと言われる曲を多く聞く
という、少々手間のかかることが必要だと思います。
(「いいからとにかくクラブ行け」みたいに、片方だけしか言わない人も結構いますね……)

軽く「ってどんなジャンル?」と質問して、それに対してすぐにピンとくるような回答というのは期待しないほうが良さそうです。

困るというかややこしいのが、ジャンルに詳しい人で、ジャンルの厳格な定義をその人の中で組み立て、他人に押し付けてくる人の存在です。
「○○は[ジャンル名]じゃない!」ということを言う人ですね。

これを言われると、「えっ、○○ってこのジャンルだと思ってたのに違うの……」「改めてこのジャンルってどんな音楽なの?」
→ いろいろ調べる
→ やたらとジャンルに詳しくなり、自分なりのジャンル区分を構築
→ 「○○は[ジャンル名]じゃない」と言う人になってしまう
という、ミイラ取りがミイラになってしまうことになりかねないかもです。

後は、曲を作ったりした人が「[ジャンル名]の曲を作りました!」→「えっ、私の思ってたのと違う……」というのも混乱しますね。

ジャンルというのは、学術論文などで最初に定義づけしていたりする場合などはともかく、日常生活では厳格な定義はない場合が多いと思います。
嫌な気分になってしまうほどまではこだわる必要はないと思います。
あくまでも楽しむための手がかりといったスタンスが良いのではないのでしょうか。


で、「じゃあドラムンベースって?」というのは、このブログなりの説明は下記にあります。

ドラムンベースとは
http://djasshi.blog50.fc2.com/blog-entry-186.html


ブレイクビートハードコア~ドラムンベースの名盤・名曲・おすすめ
http://djasshi.blog50.fc2.com/blog-entry-29.html

↑つべへのリンクが切れて聞けないのもあるかもしれません。ごくまれにチェックはしてますが……

先に書いた通り、私の個人の認識がほかの人と違うこともありますので、手間はかかりますが、このブログ以外にも、「調べる」「実際に聞く」の両方をするのが良いのではないでしょうか。


ということでそんなこんなでした!


関連記事